食事から葉酸を摂取する際の注意点とは?

妊娠1ヵ月前〜妊娠3ヵ月後までの女性の方が
1日に摂取しなければいけない葉酸の量は400μg
厚生労働省で推奨されています。

 

その葉酸を食事から摂取されようとしている女性の方も多いと思いますが、
食事から葉酸を摂取する際に
注意しなければならない事があります。

 

ここを意識しなければ、葉酸を摂取していたつもりが
摂取できていなかったという事にもなりがちなので注意してくださいね。


熱に弱く、水に溶けだす栄養素

では、その葉酸を食事から摂取する際に気を付けないといけない事をお伝えします。
それは、葉酸というものは・・・。

 

熱に弱い
水に溶けだしてしまう

 

という性質があるんです。
要はお鍋の火でグツグツ煮すぎてしまうと葉酸が破壊されてしまったり、
水洗いしていると水の中に溶けだして流れてしまうという事になってしまうんです。

 

そのため、このように過剰に水洗いをしすぎると、
どんどんお水の中に葉酸が溶けてしまいますし・・・
葉酸は水洗いで流れ出てしまいます

 

こんな風に熱を加えていくだけでも失われてしまうんですね。
葉酸は熱に弱いです。

 

そのため、調理の際にはお水で食材を洗い過ぎないようにサッと洗う事や、
過剰な加熱を加えない事が大事になってきます。

 

一般的に葉酸を含んだ食材は調理してお口の中に運ぶまでに平均して
50%程度が無くなってしまうと言われています。

更に身体の中に吸収されるまでに更に50%

そして、それだけじゃなくて葉酸を食事として食べてから、
身体の中に栄養源として吸収されてしまう際に更に50%がなくなっちゃいます。

 

そのため、葉酸を食事から摂取しようと考えた場合、
本来の生野菜に含まれる葉酸から換算すると1/4も減っちゃうんです。
食材から調理、調理から体内吸収で各50%づつ葉酸がダウンする
これが、葉酸を食事から摂取する際に注意しないといけない事になります。

1日に必要な葉酸を摂取出来ている方は少ないです

葉酸を必要量摂取出来ている人は少ない

このように葉酸を食事から摂取するためには意外に気を使う所が多いんですね。

 

そして何より気を付けなければいけない事は、
今は妊娠中の方が1日に必要な葉酸が摂取出来ている方が少ないんですね。

 

もし、食事だけで必要な葉酸が摂取できるかどうか不安な方は
以下の記事も併せてチェックしてみてください。

 

 > 妊娠中に葉酸は食事だけで補える?若い人ほど気を付けた方が良い事